キンキのいずしは北海道の古くから伝わる伝統的な食文化でグルメな方へのギフトとしても喜ばれております。

北海道発見市場「北市ドットコム」トップへきんきいずし中井英策商店ロゴきんき(キンキ・めんめ)
中井英策商店トップ
中井英策商店ショップ
きんきのいずし「本物を知る」
いずしについて
キンキの中骨

北のくらし大賞受賞
北のくらし大賞受賞!

北海道伊達市の夕焼け
伊達市の夕焼けです。
工場からは有珠山が見えます!

中井英策商店を知る

中井商店は、高級魚「キンキ」を使用して全国で初めて「キンキのいずし」 (商標登録済)を製品化、発売から約20年たった今では、おかげ様で、地元伊達市はもとより、北海道を代表する逸品となりました。

当社では、独自の製法で、クセのない上品でかつ、味わい深い風味に仕上げました。ちょっぴり、お高いかも知れませんが、是非一度ご賞味下さい。”クセ”になること間違いありません。

そんなキンキのいずしは大手デパートの物産展出店、地元の特産品店などから、その名を全国へと広げて行きました。北海道では、「いずし」という北海道伝統特産品であることに加えて、高級魚「キンキ」という珍しさもあり、何度もテレビで取り上げられ紹介されています。




いずしとはなんでしょう?
北海道や東北地方で、伝統的に食されてきた、秋から冬にかけての高級な味覚。原点は、魚を塩漬けにした後、ご飯を加え、自然発酵させて作った「馴れずし」です。完全に血抜きした魚に野菜を加え、ご飯、麹、塩、酢を入れて約40日間漬け込みます。ご飯と麹が発酵して、酸味を生み、生臭さを消し、さらに防腐殺菌作用があるのが特徴です。
いずし管理の仕方
キンキのいずしは中井商店のオリジナル


いずしの管理の仕方

いずしはナマモノなので、管理が大変です。
樽に漬けてから3週間後、一番おいしいところで一気に急速冷凍します。すぐに菌が発生し衛生面にも非常に気を使わなくてはいけない、いずし。その分、たくさんの真心がこもったいずしが出来上がるのです。安全で美味しいものを皆様にお届けできることが一番です!


キンキのいずしの原材料は?
きんきのいずしの原材料
キンキいずし工場内
キンキのいずしには、キンキ、にんじん、生姜、糀(こうじ)、ブドウ糖、酸味料(食酢、クエン酸)、調味料(アミノ酸)、食塩が使われています。

保存方法は、−18℃以下で要冷凍してください。

キンキのいずし
キンキの中骨をご飯のお供に
 
Copyright (C) ZIP Corporation Co.,Ltd All Rights Reserved.